2009年5月アーカイブ

探偵社調査員Mです。

asahi.comにこんな記事が載っていました。

http://www.asahi.com/national/update/0511/TKY200905110093.html

 裕福な女性との交際を仲介すると偽り、男性2人から保証金名目で計数百万円をだまし取った疑いが強まったとして、警視庁と静岡県警の合同捜査本部は、指定暴力団稲川会系の30代の組員や交際役の女性ら男女計15人について詐欺容疑で逮捕状を取った。捜査本部は、組員らは運営する二つの「愛人クラブ」で、各地の百数十人から計約4億円を集めており、一部は暴力団に流れたとみて調べる。

 警視庁組織犯罪対策4課によると、組員らはインターネットに「暇とお金のあるセレブな女性を紹介します」などと偽の広告を出し、07年秋~08年末、応募してきた都内の60代の男性と首都圏の30代の男性に「女性は金持ち。トラブルに備える保証金としての預託金が必要」などとだまして、計500万~600万円を詐取した疑いがある。

 組員らは、高級ホテルを用意して男性らを仲間の女性に会わせ、さらに男性側に1回数万円の謝礼を渡して信用させていたという。また、「女性はあなたが気に入ったようだ。さらに高額な謝礼が期待できる」「また会うためには預託金を積み増して欲しい」などと言って、繰り返し現金をだまし取っていたという。

 同課によると、組員らは複数のサイトや雑誌、スポーツ紙に広告を出して、中には約6千万円をだまし取られた男性もいるという。同課は、この詐欺グループは別の愛人クラブも運営し、三つのクラブで計約200人から約8億円を集めたとみている。

 

このように保証金と言ってお金を騙し取る詐欺は数年前からあります。「アビリティオフィスさいたま支部」でも確か2007年の5月ごろ被害にあった男性から依頼がありました。その男性も数回に分けて300万円ほど振り込んだと言っていました。

まさか警察で初めての容疑者逮捕ではないと思いますが、2007年の時は警察に相談しても「相手が保証金は後日返却するといっている以上は詐欺ではない。」と言われてしまい相手にしてもらえなかったようです。結局その男性は私達のところへ相談に来ました。口座番号や電話番号から相手の特定をして後は警察次第と言うところまではもっていきましたので、お金は返してもらえたのではないかと思います。なぜなら返金さえ応じれば逮捕はされない訳ですから。この手の詐欺は被害にあっても人に相談しづらく泣き寝入りが多いためなかなか実態がつかめないのが現実です。

当社にも迷惑メールに混ざってこのような内容のメールが届いていました。これで少しは迷惑メールが減るかもしれません。

PR

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このアーカイブについて

このページには、2009年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年4月です。

次のアーカイブは2009年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。