確かな盗聴器発見調査、撤去なら【元警視庁】のAOS

設置場所

設置場所等の具体的な場所、設置方法などについては悪用される恐れがあるためあまり詳しく掲載することが出来ない事を予めご了承願います。

弊社の発見例などから多い盗聴器設置場所

settibasyo.jpg<一般家庭>

■コンセントの周辺

■家電製品の内部

■室内照明の周辺

■電話回線上

■パソコンの周辺

■ドアの新聞受け

■換気扇周り

■ぬいぐるみの中

■置時計、掛け時計の中

■ゴミ箱の中

■観葉植物の周り

■トイレ、浴室周辺 等

 

<事務所・店舗>

■コンセントの周辺

■机の上(電卓型、ボールペン型など)

■机の中、下回り

■室内照明の周辺

■電話回線上(配電盤など)

■パソコンの周辺

■更衣室コッカー内、上

■トイレ周辺

■換気口周辺

■置時計、掛け時計の中

■ゴミ箱の中

■観葉植物の周り

■会議室机、イス下周り 等

 

以上のように設置場所は様々です。

最近は簡易型の盗聴発見器なども多く出回っておりますが性能も機種により様々です。中には盗聴器に接触するほど近づけなければ全く反応しない物や、部屋に入っただけで大きく反応してその部屋の中の盗聴器設置場所を特定することが出来ない物、盗聴器ではないラジオや営業用無線等の電波に反応して盗聴電波との区別がつかない物まで様々です。さらに盗撮カメラに至っては盗聴器とは全く周波数が異なるため簡易型の盗聴発見器では発見する事が出来ません。

盗聴器発見調査は高度な知識と技術、そして豊富な経験が必要な調査です。盗聴発見調査は信頼できる専門の業者に依頼することをお勧めいたします。