確かな盗聴器発見調査、撤去なら【元警視庁】のAOS

盗聴器の種類

盗聴・盗撮器の種類

盗聴器・盗撮器は大きく下の3種類に分類されます。

【無線式】

touchoki.jpg微弱な電波を飛ばし、その電波を受信機で受信して盗聴するタイプ。もっとも多く出回っており電池式と電源寄生の半永久式がある。

形状は

黒いマッチ箱型   コンセントタップ型   ボールペン型   電卓型

カード型   電化製品組み込み型  音声感知起動型

 

盗撮器(盗撮カメラ)もこのタイプが主流である。

直径1mm程度のレンズが装着されたピンホールカメラと呼ばれるものを様々なものに組み込み映像と音声の両方を盗み取る。周波数が盗聴器とは異なるため市販の盗聴発見器では発見することが出来ないものが多い。近年はデジタル技術の進化によってこの超小型カメラの更なる小型化、映像技術の進化は驚かされるものがある。

 

【有線式】

室内に仕掛けたマイクやカメラからコードを引き電波を使わずに盗聴・盗撮する方法。手間が掛かるため現在では主流ではないが電波を出さないということを考えると恐い存在である。代表的な盗聴器としてはコンクリートマイクと言う物があり、建物の外に取り付け室内を盗聴する事も可能である。最近は電波式のコンクリートマイクも市販されている。

 

【電話盗聴】

電話線上、電話機内、配電盤に盗聴器が仕掛けられる。これは一般の固定電話に限られ、通話中のみ電波を発信して盗聴される。よく盗聴器が仕掛けられていると電話にノイズが入ると言われているのはこのためである。IP電話は盗聴できないと長年いわれてきたが、取り付ける場所によってIP電話も盗聴可能な盗聴器も出てきている。

 

上で説明したように様々な形に偽装した盗聴器が市販されています。これらの盗聴器・盗撮器も身の周りの家電製品と同様に日々進化し私達のプライバシー、企業の機密情報を狙っています。