確かな盗聴器発見調査、撤去なら【元警視庁】のAOS

法人のお客様・料金表

family.jpg


インターネットが普及した現在、各企業では情報漏洩防止のためにパソコンやインターネットに関するセキュリティー対策はほとんどの企業で行なわれていますが、盗聴器・盗撮器対策は行なわれていない企業がほとんどです。インターネットの普及によって地域に関係なく、また顔を合わせる事も無く誰でも盗聴器・盗撮器を手に入れる事が出来る様になってしまいました。つまり一昔前の様に産業スパイなどのプロによって行なわれるケースだけではなく一般の人や社員などによって行なわれるケースも少なくありません。実際に従業員が金銭を渡されて盗聴器設置を頼まれるケースもございます。

盗聴・盗撮は企業の場合放って置くと直接的に多大な損害を被る可能性があるだけでなく、イメージダウンなどによる間接的な損害を被ることにもなりかねません。

社内の機密事項を守るためには大事な会議や打ち合わせの前等の調査や定期的な調査もも大事ですが抜き打ちで不定期に盗聴調査をする事も効果的です。定期調査契約の場合は割引料金もございます。

従業員の帰った後や深夜、休日でも調査可能です。

最近少し様子がおかしいと感じたらどんな小さな事でも私達にご相談下さい。

office_img.jpg

 盗聴器・盗撮器発見調査 料金表 (法人)   (消費税別)
インターネット価格を表示しております。必ずインターネットを見たとお伝え下さい。
法人向け料金表=
※発見された盗聴器の撤去費用込みの価格です。
※料金は階数(フロア数)、電話機の数によって多少変動する場合がございます。
※定期調査契約の場合は割引料金となります。
※全国ネットワークによって日本全国調査可能です。(一部の地域は除く)
  お電話でお見積りいたします。お気軽にお問い合わせ下さい。